住宅ローンを相談する相手とは?

消費者金融からお金借りる場合、ある程度の金利が発生する事は承知の上で借りる必要があります。
ただ中には「金利を払うのがもったいない!」と考える人もいるのではないでしょうか?少額の借入ならまだしも借入額が高額となると、金利もその分高くつきます。
そんな人は親に相談してみるのが賢明です。
親子間でもお金にシビアな家庭はあるでしょうが、子どもが困っている時に助けてあげたいと思うのが親というものです。
親からお金借りると金利も0で済みますし、返済期間も融通が利きます。
なので車や住宅ローンなど高額な融資が必要になった際は、全額とまでは言わなくても一度親に相談してみると良いかもしれません。
ただし親に心配をかけたくないという人は、やはり消費者金融に頼るしかないでしょう。
銀行という手もありますが、お金借りる際には審査のハードルが上がるので、ハードルの低い消費者金融をその辺は上手く活用していくのが無難な方法です。
外国人の住宅ローン審査の年収の条件とは?